リサイクルとは、捨てたものを再利用する方法のことである。この方法が考えられたのは、地球温暖化が酷くなるのに対する行動が不可欠だからである。

現在、さまざまなことが行われている。たとえば、ゴミは「資源ごみ」「粗大ごみ」「可燃ごみ」「不燃ごみ」「危険ごみ」に5類分けられて、資源ごみを回収するのようにちゃんと処理されることができる。資源ごみの一例は牛乳パックである。また、紙で作られたストローの使用は広がられている。今一部のスターバックスの店に紙のストローを提供されている。ほかにも、小学校でゴミのリサイクルの授業を設けられること・リサイクルについての法律を行われることなどの例がある。

これから私たちがしなければならないことは、真面目にゴミを処理するを重視して、生活でリサイクルを実行することである。たとえば、買い物のときのレジ袋がゴミ袋になって再利用できる。そうしなくて、環境が一層悪くになって、人類にとって不可欠な生息のスペースがどんどん無くなる見込みである。