日本語

学习日语的方法 中国語で日本語の勉強法 (ZH)

随着日本文化影响力的扩大,身边学习日语的人也越来越多。于是,我想在此分享一下我学习日语的方法,希望能帮到想要初学或自学日语的朋友们。如果有大师发现了我本篇中的问题,欢迎在评论区批评指正。


术语

JLPT:又称日语能力考,全称日本语能力测试、日本語能力試験、Japanese Language Proficiency Test。

日本语能力测试是由日本国际交流基金会与日本国际教育协会(现日本国际教育支援协会)从1984年开始实施的,面向母语为非日语的学习人员的日语水平认定考试。为世界最大规模的日语考试。

日本语能力测试有N1、N2、N3、N4、N5五个级别。最低的等级是N5,最高的等级是N1。在N4和N5中,主要测试考生对在课堂学习的基础日语能够理解多少。在N1和N2中,测试考生对现实生活广泛场景的日语能够理解多少。另外,N3是N4、N5向N1、N2的过渡等级。

日本语能力测试介绍, (C) 日本国际交流基金会 & 日本国际教育支援协会, https://www.jlpt.jp/cn/about/

CEFR:全称欧洲共同语言参考标准、Common European Framework of Reference for Languages,有A1(入门)、A2(初级)、B1(中级)、B2(高于中级)、C1(高级)、C2(熟练)六个级别。

The CEFR organises language proficiency in six levels, A1 to C2, which can be regrouped into three broad levels: Basic User, Independent User and Proficient User, and that can be further subdivided according to the needs of the local context.

The CEFR Levels, Council of Europe, https://www.coe.int/en/web/common-european-framework-reference-languages/level-descriptions

J.TEST:又称実用日本語検定、Jテスト。有特A、A(CEFR C2)、准A、B、准B(CEFR C1,JLPT N1)、C(CEFR B2,JLPT N2)、D(CEFR B1,JLPT N3)、E(CEFR A2,JLPT N4)、F(CEFR A1,JLPT N5)、G十个等级。

J.TEST考试全称为实用日本语鉴定考试(以下简称J.TEST)。于2007年8月获得了国家劳动和社会保障部的认可。其主要功能就是对母语为非日本语的人员进行日本语能力的测试。在上世纪九十年代初期,日本经济发展到鼎盛时期时,由于日本国内人力资源的严重不足,采用在日本的外国人进入公司成为了不可替代的办法。为配合对在日本的外国人的日语鉴定,1991年,日本语检定协会开发了J.TEST。因为其鉴定方式科学合理,J.TEST很快成了众多企业几乎是唯一的选择。并逐渐成为录用海外员工语言能力的依据,也有许多公司作为员工派遣、提升时的依据。所以每年都有许多企业组织员工集体参加J.TEST,其中也不乏有世界著名的大公司。

什么是J.TEST, J.TEST介绍, J.TEST中国事务局, http://www.j-test.com/htm/6501/136645.html
CEFRとJ.TEST, J.TEST実用日本語検定, https://j-test.jp/cefr-jtest

初级(JLPT N5-N3, CEFR A1-A2, J.TEST D-G)

教材:本阶段因为并没有对日语有系统性的了解,需要跟随教科书入门。如果不急/自学的话推荐人民教育出版社的《新版中日交流标准日本语》(新标日/标日)的初级上、初级下、中级上,内容比较不稠密。如果报班/时间紧/复习的话推荐外研社进口的(旧版)《大家的日语(みんなの日本語)》(大日)的第一册、第二册、辅导用书一、辅导用书二、标准习题集。如果是相关专业的本科生可以使用华东理工大学出版社的《新编日语教程》(新编日/新编)的第一册、第二册,但我没有实际使用过。我自己是先学了标日的三本书,再直接做大日的标准习题集,碰到不会的再回去翻标日和大日的教科书来进行复习。

词汇:我用过并至今推荐的是【沪江开心词场】,此软件支持Android和iOS两大主流移动系统,优点是自带词书、有组队功能、有任务功能可以激励坚持背词,缺点是词书越到高级越容易出现小的差错、部分机械发音有小瑕疵、有原理不明导致死记硬背和忘得快的情况,但在使用之前最好把一些提示/显示中文的选项关闭以提升难度。也有朋友可能会用Anki,此软件支持在线使用、Windows和macOS两大桌面系统、Android和iOS两大移动系统等,优点是原理比较科学,缺点是没有自带词书(必须手动录入或者网上下载或购买别人整理的)、只能单机、没有任务功能、没有自带发音功能等。背词时没必要记住所有单词的重音,因为重音在实际使用中是多变的。

课文:背诵课文/语法和在完全不懂的情况写题可能比较困难。我推荐的方法是和课文一起学习,也就是熟读课文,即看着课文,以接近日本人的正常较快语速(大约是N4听力语速的1.25倍)不会卡壳或舌头打结,并且语音语调、停顿均接近正确(可以配合示范读音),这样能打下听力口语的基础并掌握阅读的节奏(即快速分析句中语法结构的能力);同时配合背过的词汇,参照语法和表达解释(标日)或辅导用书(大日)来完全地理解课文(此时,一般地,课文理解且只被理解为一种意思,没有任何拿捏不准的地方)。务必要熟悉动词变形。

发音(五十音图):因为汉语中基本没有以下的音,所以很容易发错。需要特别注意以下几种发音(引用自WikiBooks/日本語/非母語話者むけ/五十音図维基百科/国际音标)。

  • 【う段】(う、く、す、つ、ぬ、ふ、む、ゆ、る)所有的u音都是闭后不圆唇元音[ɯ̹]
    • 汉语普通话的u音(如“无”)为闭后圆唇元音[u]
  • 【ら行】(ら、り、る、れ、ろ)所有的r音都是齿龈闪音[ɾ]
    • 闪音发音在气流冲出时与肌肉一次快速接触,使得一调音器官碰及另一器官
    • 汉语普通话的l音(如“来”)为齿龈边近音[l]
  • 【は行】(は、ひ、ふ、へ、ほ)中
    • 【ひ】的读音为[çʲi]([ç]为清硬颚擦音,如英语“huge”)
    • 【ふ】的读音为[ɸɯ]([ɸ]为清双唇擦音)
    • 【は】作助词时,发【わ】音
    • 【は】【へ】【ほ】的h音为清声门擦音[h](如英语“have”)
    • 汉语普通话的h音(如“和”)为清软颚擦音[x]
    • [ɸ]使用双唇发音,[ç]使用硬腭发音,[x]使用软腭发音,[h]使用声门发音
  • 【わ】的读音为[ɰa](ɰ为浊软颚近音)
    • 汉语普通话的w音(如“为”)为浊圆唇软颚近音[w]
    • [ɰ]是闭后不圆唇元音[ɯ]的半元音版本
  • 【が行】(が、ぎ、ぐ、げ、ご)是表示助词时的【が】或不在词首(如“大学(だいがく)”)时,发鼻浊音。这种发音可以表示为か゚、き゚、く゚、け゚、こ゚和nga、ngi、ngu、nge、ngo,但书写中不区分。鼻浊音实际上为将该音开头的浊软颚塞音[g]换成软腭鼻音[ŋ],例如鍵(かぎ [käŋi])
    • 汉语普通话的韵味的g,如“英” [jiŋ],发[ŋ]音

阅读:本阶段阅读还不足以满足大部分场景的需求。对于一般内容,只需尽可能地分析语法和用法并了解大意就可以(有些中高级的语法也可以使用初级语法的思维来解读);对于简单内容(如【NHK NEWS WEB EASY】),和课文要求相似。此时可以读懂短故事(N3)、邮件书信(N4)、信息表(N5)。

N3:能够阅读并理解有关日常话题的内容具体的文章。能够通过报纸标题掌握信息概要。在日常场景中,对于难度稍高的文章,如转换表达方式,就可理解文章大意。

N4:能够阅读和理解由基本词汇及汉字所组成的讲述日常生活中最熟悉话题的文章。

N5:能够阅读和理解由平假名、片假名及日常生活中常见的基本汉字组成的惯用短语、句子及文章。

认定标准 日本语能力测试, (C) 日本国际交流基金会 & 日本国际教育支援协会, https://www.jlpt.jp/cn/about/levelsummary.html

N3:短い物語を読んで、だいたいのストーリーが理解できる。図鑑などの絵や写真のついた短い説明を読んで、必要な情報がとれる。商品のパンフレットを見て、知りたいことがわかる。(例:商品の特徴など)

N4:知人や友人から来たはがきやメールを読んで、理解できる。学校、職場などの掲示板を見て、必要な情報(例:講義や会議のスケジュールなど)がとれる。新聞の広告やチラシを見て、安売り期間や値段などがわかる。

N5:年賀状や誕生日のカードを読んで、理解できる。学校などで面談の予定表を見て、自分の面談の曜日と時間がわかる。駅の時刻表や案内板を見て、自分が乗る電車の時間がわかる。

日本語能力試験 合格者と専門家の評価による レベル別Can-doリスト, (C) JPF & JEES, https://www.jlpt.jp/about/pdf/cdslist_all_2020.pdf

听力:本阶段听力还不足以满足大部分场景的需求。对于一般内容,只需尽可能地找出所有能听懂的词汇并了解大意就可以。此时如果看动漫,基本上只能理解简单的对话(N3可以大体理解人物关系)和生活中常用的名词(如食物、运动等)。

N3:在日常场景中,能够听懂接近正常语速的连贯对话,包括出场人物的关系在内大致理解对话的具体内容。

N4:能够大致听懂语速稍慢的日常会话。

N5:对于课堂和身边等日常场合中的语速缓慢的短小对话,能够听懂必要的信息。

认定标准 日本语能力测试, (C) 日本国际交流基金会 & 日本国际教育支援协会, https://www.jlpt.jp/cn/about/levelsummary.html

N3:アニメや若者向け映画のような単純なストーリーのテレビドラマや映画を見て、だいたいの内容が理解できる。会話を聞いて、敬語やくだけた言葉を使っていることが理解できる。

N4:身近で日常的な話題(例:趣味、食べ物、週末の予定)についての会話がだいたい理解できる。簡単な道順や乗り換えについての説明を聞いて、理解できる。

N5:簡単な指示を聞いて、何をすべきか理解できる。先生からのお知らせを聞いて、集合時間、場所などがわかる。店、郵便局、駅などで、よく使う言葉(例:「いらっしゃいませ」「・・円です」「こちらへどうぞ」)を聞いて、理解できる。

日本語能力試験 合格者と専門家の評価による レベル別Can-doリスト, (C) JPF & JEES, https://www.jlpt.jp/about/pdf/cdslist_all_2020.pdf

考试:考前两个月开始复习过一遍华东理工大学出版社的《蓝宝书》的对应等级,另外可以看《红宝书》,但如果平时坚持背词不需要红宝书。过完知识点后可以洗澡或闲暇的时候听一下【YouTube上的听力练习题】(尽量不要用和【官方问题集】重复的题),最后使用【官网的两套免费的问题集】进行模考,增强信心。


中级(JLPT N2, CEFR B1, J.TEST C)

教材:新标日中级下、高级上,新编日第三册、第四册,如果有弱语言环境(即每天都有能接触一般日语的场合,需要大致理解日语,如每天听新闻、上日文网站)不必要。

词汇:同初级,和教材同步(如果学标日最好背完高级下和新编日第四册单词)。

语法:除了常考的固定使用的语法之外,还需要熟练使用用言的活用方法、助词、接续词等基础语法,部分知识点我有整理在另一篇博文《日本語文法》中。

课文:跟着教材的方法还是和初级大致相同,因为本阶段开始语法主要是一些初级内容的拼接,工作量会比刚开始的时候小一点。教材之外也需要记录并熟记遇见的不熟的用法和词汇,重复内容或相似的内容直到能完全理解此类信息为止。

阅读/写作:本阶段的能力开始可以满足基础需求。此时浏览日文网站应该不存在问题,可以与日本朋友进行有意义的网上交谈、用日语写和生活故事有关的博文。可以看懂与自己专业相关的报告、生活相关的新闻、正式书信;可以以书面形式表达自己的观点、介绍书和电影、写信和邮件。

N2:能够阅读和理解有关广泛话题的报纸及杂志报导、解说、简单评论等论点清晰的文章。能够阅读有关一般性话题的读物,理解上下文及表达意图。

认定标准 日本语能力测试, (C) 日本国际交流基金会 & 日本国际教育支援协会, https://www.jlpt.jp/cn/about/levelsummary.html

N2 読む:自分の仕事や関心のある分野の報告書・レポートを読んで、だいたいの内容が理解できる。身近で日常的な話題についての新聞や雑誌の記事を読んで、内容が理解できる。敬語が使われている正式な手紙やメールの内容が理解できる。

N2 書く:理由を述べながら、自分の意見を書くことができる。最近読んだ本や見た映画のだいたいのストーリーを書くことができる。学校、ホテル、店などに問い合わせの手紙やメールを書くことができる。

日本語能力試験 合格者と専門家の評価による レベル別Can-doリスト, (C) JPF & JEES, https://www.jlpt.jp/about/pdf/cdslist_all_2020.pdf

听力/口语:本阶段的能力开始可以满足基础需求。此时如果看动漫,能理解故事情节;虽然口语可能还是会有说不出来的感觉,但感觉有东西能说。可以理解会议中的对话和临时的播报;可以大体介绍书和电影、参与课堂讨论。

N2:不仅在日常场合,还能在广泛场合听懂接近正常语速的连贯对话及新闻,理解上下文含义、出场人物的关系,并掌握大意。

认定标准 日本语能力测试, (C) 日本国际交流基金会 & 日本国际教育支援协会, https://www.jlpt.jp/cn/about/levelsummary.html

N2 聴く:学校や職場の会議で、話の流れが理解できる。思いがけない出来事(例:事故など)についてのアナウンスを聞いてだいたい理解できる。

N2 話す:最近見た映画や読んだ本のだいたいのストーリーを紹介することができる。クラスのディスカッションで、相手の意見に賛成か反対かを理由とともに述べることができる。

日本語能力試験 合格者と専門家の評価による レベル別Can-doリスト, (C) JPF & JEES, https://www.jlpt.jp/about/pdf/cdslist_all_2020.pdf

考试:考前时间足够充裕可以过一遍红蓝宝书的对应等级,但不是至关重要,尤其是红宝书更加不那么重要。洗澡或闲暇时间仍然可以【在YouTube上练习听力题】。N2开始真题比较多,可以从网上获取2010年以后的真题作为练习,如果是单纯为了考试可以以刷题总结为主。最后使用【官方的两套免费的问题集】进行模考,增强信心。


高级(JLPT N1, CEFR B2-C1, J.TEST B)

教材:新标日高级下(难度不够),新编日第五册、第六册,如果有中语言环境(即每天都沉浸在日语的场合中,需要大致理解和使用日语,如在日本留学中的大学理科课程、与日本人工作、有亲密日本朋友)不必要。

词汇:记录并熟记学习过程中经常出现的生词,如果只出现一次的词如果没时间可以只混个眼熟。

课文:此时朗读课文的难点在于迅速地分割长难句中的语法元素;熟能生巧,只有掌握了快速分析语法的能力才能取得阅读的高分。朗读时同样需要注意语音语调。

阅读/写作:此时能够完全理解有关任何话题的数千字以内的中短篇文章,阅读效率的提升关键在于多读抽象度高的文章(如【朝日新闻《天生人语》】和【原著】(如福沢諭吉《学問のすすめ》));写作速度和准确性的提升在于多写,可以写更加抽象的博文和在网上使用日语谈论社会问题,不会表达的地方多上网查日本人写的内容中的用法。能够看懂论证文章的逻辑、理解社会相关的内容、读懂短篇小说中的人物心理和情节发展;能够写自己专业相关的报告、总结多方面的信息。

N1:能够阅读有关广泛话题的报纸社论、评论等逻辑性稍强、抽象度高的文章,理解文章的构成及内容。能够阅读有关各类话题的有深度内容的读物,理解上下文及具体的表达意图。

认定标准 日本语能力测试, (C) 日本国际交流基金会 & 日本国际教育支援协会, https://www.jlpt.jp/cn/about/levelsummary.html

N1 読む:論説記事(例:新聞の社説など)を読んで、主張・意見や論理展開が理解できる。政治、経済などについての新聞や雑誌の記事を読んで、要点が理解できる。人物の心理や話の展開を理解しながら、小説を読むことができる。

N1 書く:自分の関心のある分野のレポートを書くことができる。複数の情報や意見を自分のことばでまとめて、文章を書くことができる。

日本語能力試験 合格者と専門家の評価による レベル別Can-doリスト, (C) JPF & JEES, https://www.jlpt.jp/about/pdf/cdslist_all_2020.pdf

听力/口语:本阶段听力准确度的提高在于多听,可以是泛听(如【日经电子版新闻广播】、【NHK新闻广播】、【JapaNews24频道】),但要理解其内容;口语在于多说,但对于没有充分对话环境的情况,可以使用影子跟读法,即在泛听时尽量按原样复读说话者的内容。此时如果看动漫或电视节目能听懂九成左右的内容,也可以用比较流畅的日语参加面试。能听懂不熟悉话题和有关社会的对话的要点;能参与与自己相关的话题的讨论。

N1:能够听懂广泛场合中正常语速的连贯对话、新闻及讲座内容,详细理解上下文含义和内容、出场人物的关系及内容的逻辑构成等,掌握大意。

认定标准 日本语能力测试, (C) 日本国际交流基金会 & 日本国际教育支援协会, https://www.jlpt.jp/cn/about/levelsummary.html

N1 聴く:あまりなじみのない話題の会話でも話の要点が理解できる。社会問題を扱ったテレビのドキュメンタリー番組を見て、話の要点が理解できる。

N1 話す:関心ある話題の議論や討論に参加して、意見を論理的に述べることができる。

日本語能力試験 合格者と専門家の評価による レベル別Can-doリスト, (C) JPF & JEES, https://www.jlpt.jp/about/pdf/cdslist_all_2020.pdf

考试:N1比起N2不仅是词汇和语法的增加,更是思维难度的增加:材料变得更加抽象、更加专业,通常会从社会学、心理学等典型人文学科相关书籍、权威报纸的观点、带有隐藏主旨和深刻反思的故事(即短篇小说)等方面进行选题。N1考试的准备更重在平时,当然考前的一段时间的安排可以参照N2的安排。考场的心态很重要,尤其是在听力部分,我2020年12月N1考试那一天遇到了一些倒霉的事,加上考场是外放听力,心神不宁,所以在听力部分没有获得理想的分数。


熟练(JLPT N1+, CEFR C2, J.TEST A)

环境:强语言环境(即每天都沉浸在日语的场合中,并且需要完全理解和使用日语,如日本留学中的大学文科课程、翻译、校对、创作)。

语言知识:记录并重复任何前面学习中的漏网之鱼,包括谚语、成语、习语。尝试学习不同历史时期的古典日语(古文・文語)并从原理上更加深入理解之前的语法点,脱离死记硬背语法点的状态。

阅读/写作:阅读长篇小说和有年代感的作品(从【青空文库】或【日本亚马逊】处获取)并理解其内容。写作时用词文体得当,能理解不同用法中微妙的差异。

听力/口语:翻译动漫、电视剧等用语习惯随身份改变、语速快、含有抽象内涵的作品。可以流畅地与日本人谈论任何话题。


资源

YouTube听力练习搜索关键词:(JLPT) N* 聴解/模試(例:JLPT N1 模試, N4 聴解)

JLPT官方两套示例问题集:https://www.jlpt.jp/cn/samples/sampleindex.html

沪江开心词场:https://cichang.hujiang.com/

NHK NEWS WEB EASY(注音短篇新闻阅读,适合N4-N2):https://www3.nhk.or.jp/news/easy/

YouTube JapaNews24 频道(当日电视上放过的新闻片段轮播,适合N3-N1+):https://www.youtube.com/watch?v=coYw-eVU0Ks

Google Podcasts(广播节目,适合N3-N1+):https://podcasts.google.com/

朝日新闻吧-百度贴吧(《天声人语》中篇新闻阅读,适合N1,与真题非常贴近):https://tieba.baidu.com/f?kw=%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E9%97%BB

青空文庫(已经进入公共领域的小说和文集,时代久远需要部分古日语的知识,适合N1-N1+):https://www.aozora.gr.jp/

アマゾン(日本亚马逊):https://www.amazon.co.jp/


本文除去引用的部分,版权归2021年3月20日时本博客turx.gq的博主TURX所有,未经授权不得以任何形式抄袭或转载。

日本語の知らなかった言葉

日本語能力試験で点数を得たことは日本語勉強の最後の目的ではなくて、N1がもう合格されましたが、日本語に関わる場合で、知らない言葉がよく目にされています。その旨で、そんな言葉をここで日本語勉強者の同士と共有したいと思います。(不定期に更新の場合あり)

次のページに進んで見えます。

AP® Japanese Language and Culture 作文

AP13

問題

Compare and contrast: typing in Japanese and handwriting in Japanese

共通点と相違点を示せよ:入力した日本語と手書きした日本語

語彙

あらゆる 入力(にゅうりょく)する 手書(てが)きする 発展(はってん) 文字(もじ) 記録(きろく)する 流行(はや)る 方法(ほうほう) 共通点(きょうつうてん) いくつか 通常(つうじょう) 場合(ばあい) 意味(いみ) 伝(つた)う 封筒(ふうとう) 概念(がいねん) 距離(きょり) 遠(とお)く ほとんど 繋(つな)ぐ  全然(ぜんぜん) 失(うしな)う 違(ちが)い いろいろ 区別(くべつ) 直筆(じきひつ) 証明(しょうめい)する 表(あらわ)す 急(いそ)ぐ 除(のぞ)く まとめる 上手(うま)い 自由(じゆう)に 表現(ひょうげん)する

類似点(るいじてん) 相違点(そういてん) 易(やさ)しい かかる 間違(まちが)う 消(け)しゴム 直(なお)す もう一度(いちど) ぺらぺら 同(おな)じ 結果(けっか) もらう 結論(けつろん)

文法・文型

一方 と共に という 例えば つまり など でも 元の しなければならない 反面 と比べると の方が より にくい たら 何でも 次第で それで

てみる ために しかし ぐらい(くらい) なぜなら だけ になる だから として も…も からだ

タイトル

入力した日本語と手書きした日本語の使い分け

例文

最初、あらゆる言語の文字は書いたものである一方、コンピューターの発展と共に、入力という文字を記録する方も急速に流行始まった。日本語にはこの二つ方法もある。

入力した日本語と手書きした日本語の共通点はいくつかある。例えば、どの方法で作ったものは日本語であり、通常の場合で意味をよく伝えることである。つまり、今の人は封筒・手紙などの概念との距離は遠くて、ほとんどの場合にメール・LINEのようなスマホアプリで他の人と繋いても、交流の元の意味は全然失わない。

その二つ方法の中の違いもいろいろある。一番目は、使い場合の区別である。例えば、サインの必要の場合に直筆をしなければならない反面、入力したサインは自分のことを証明できない。二番目は、入力した日本語と比べると、手書きした文字の方が自分のスタイル・気持ちを表せることである。例えば、急ぐときで書いた文字はより読みにくいとする。

私には、入力の方が速いと思って、サインの場合を除いて、入力の方も好きである。まとめると、日本語をうまくできたら、手書きと入力の中の何でも場合次第で自由に表現できる。それで、日本語の勉強をもっと頑張ろう。

Sample A

これから、日本語を手で書く事とタイプする事を比べてみます。両方が日本の授業のために、いるのに、類似点も相違点もあります。

まず、一つ目の相違点は日本語でタイプする事の方がやさしい事です。日本語のレポートをタイプしたら、手が痛くないです。しかし、手でレポートを書いたら、一時間の後で手が本当に痛くなります。

二つ目の相違点は、日本語でタイプする事の方が早い事です。このレポートを手で書いたら、四十五分ぐらいかかります。なぜなら、間違ったら、消しゴムで直して、もう一度書かなければなるからです。しかし、タイプしたら、二十分だけかかります。

一つの類似点は両方をしたら、日本語を上手になる事です。日本語の先生はいつも「皆さん、練習したら、ぺらぺらになりますよ。」と言われました。だから、日本語での書く事を練習したら、日本語を上手になります。そして、タイプする事と手で書く事は同じ結果をもらいます。

結論として、日本語でタイプする事も手で書く事も好きです。しかし、タイプする事の方が好きです。なぜなら、痛くないし、早いし、日本語を上手になられるからです。


ほかの年の問題は続く…

普通な一日

6時半に起こす、新しい一日を始めた。急いで車に乗って、学校に通った。

7時15分ごろ、学校に着いた、モバイルパソコンをログインして、昨夜の宿題をした。夜に時々宿題をしなくて、その代わりにコンテストを準備するためにプログラミングを練習した。この間にいくつかの情報学に関るコンテストがあって、昨年で勉強したアルゴリズムをもう一度復習する必要がある。

8時から授業が始まった。一時限は地理だった。アメリカのAdvanced Placementというプロジェクトにあるこの地理科目は中国の教材とは違う。アメリカの地理科目は人文地理重点を置くことだ一方、中国の地理科目に政治・文化について多く語られている。二時限は数学の微積分だ。パラメトリック方程式は分かにくて、もう一度テキストブックを読む必要があると思った。こんな授業は17時まで続いていた。

17時半ごろにうちへ帰った。いえに着いて、単語を暗記した。毎日スマホのアプリで単語を勉強している。また、試験で優秀が得られるように、オンラインの塾で課外授業を受けた。その後、宿題の一部をして、ベットへ向かって、あしたを期待するの気持ちを持ちながら、寝た。

充実した一日を過ごして、勉強の実を結ぶルートでもっとステップアップしたと感じる。