AP® Japanese Language and Culture 作文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

AP13

問題

Compare and contrast: typing in Japanese and handwriting in Japanese

共通点と相違点を示せよ:入力した日本語と手書きした日本語

語彙

あらゆる 入力(にゅうりょく)する 手書(てが)きする 発展(はってん) 文字(もじ) 記録(きろく)する 流行(はや)る 方法(ほうほう) 共通点(きょうつうてん) いくつか 通常(つうじょう) 場合(ばあい) 意味(いみ) 伝(つた)う 封筒(ふうとう) 概念(がいねん) 距離(きょり) 遠(とお)く ほとんど 繋(つな)ぐ  全然(ぜんぜん) 失(うしな)う 違(ちが)い いろいろ 区別(くべつ) 直筆(じきひつ) 証明(しょうめい)する 表(あらわ)す 急(いそ)ぐ 除(のぞ)く まとめる 上手(うま)い 自由(じゆう)に 表現(ひょうげん)する

類似点(るいじてん) 相違点(そういてん) 易(やさ)しい かかる 間違(まちが)う 消(け)しゴム 直(なお)す もう一度(いちど) ぺらぺら 同(おな)じ 結果(けっか) もらう 結論(けつろん)

文法・文型

一方 と共に という 例えば つまり など でも 元の しなければならない 反面 と比べると の方が より にくい たら 何でも 次第で それで

てみる ために しかし ぐらい(くらい) なぜなら だけ になる だから として も…も からだ

タイトル

入力した日本語と手書きした日本語の使い分け

例文

最初、あらゆる言語の文字は書いたものである一方、コンピューターの発展と共に、入力という文字を記録する方も急速に流行始まった。日本語にはこの二つ方法もある。

入力した日本語と手書きした日本語の共通点はいくつかある。例えば、どの方法で作ったものは日本語であり、通常の場合で意味をよく伝えることである。つまり、今の人は封筒・手紙などの概念との距離は遠くて、ほとんどの場合にメール・LINEのようなスマホアプリで他の人と繋いても、交流の元の意味は全然失わない。

その二つ方法の中の違いもいろいろある。一番目は、使い場合の区別である。例えば、サインの必要の場合に直筆をしなければならない反面、入力したサインは自分のことを証明できない。二番目は、入力した日本語と比べると、手書きした文字の方が自分のスタイル・気持ちを表せることである。例えば、急ぐときで書いた文字はより読みにくいとする。

私には、入力の方が速いと思って、サインの場合を除いて、入力の方も好きである。まとめると、日本語をうまくできたら、手書きと入力の中の何でも場合次第で自由に表現できる。それで、日本語の勉強をもっと頑張ろう。

Sample A

これから、日本語を手で書く事とタイプする事を比べてみます。両方が日本の授業のために、いるのに、類似点も相違点もあります。

まず、一つ目の相違点は日本語でタイプする事の方がやさしい事です。日本語のレポートをタイプしたら、手が痛くないです。しかし、手でレポートを書いたら、一時間の後で手が本当に痛くなります。

二つ目の相違点は、日本語でタイプする事の方が早い事です。このレポートを手で書いたら、四十五分ぐらいかかります。なぜなら、間違ったら、消しゴムで直して、もう一度書かなければなるからです。しかし、タイプしたら、二十分だけかかります。

一つの類似点は両方をしたら、日本語を上手になる事です。日本語の先生はいつも「皆さん、練習したら、ぺらぺらになりますよ。」と言われました。だから、日本語での書く事を練習したら、日本語を上手になります。そして、タイプする事と手で書く事は同じ結果をもらいます。

結論として、日本語でタイプする事も手で書く事も好きです。しかし、タイプする事の方が好きです。なぜなら、痛くないし、早いし、日本語を上手になられるからです。


ほかの年の問題は続く…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*