T G(フィクション)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ある売り場で、母と買い物をしていた。「何を買って欲しい?」母から問われた。何を答えたはまだ覚えられないので、戻ったから「性同一性障害」というコンセプトを既に会話に導入したことを知った。「なぜ正しい道を走り続かないだろう?」と問い詰められた。めちゃ驚いた。

売り場の多機能トイレに入って、外の女トイレを待っている人から皮肉な言葉を言われた。「私でも待っているよ。なぜ無障害の人が多機能トイレに入るの?」スマホカメラで写真を撮ってインターネットにコメントをつけて送信した。それらの人から逃げようと思って、アメリカ大使館に向かった。

アメリカ大使館で、金持ちのごとき中国人の女と会った。「自由をあげてください」と言って、彼女は「自由をもらうため、数多くの持ち物を諦めなければならないはずだ。」と答えて、意欲の強さを探していた。前の刺激から目的を一時的に忘れたので、「何でここに向かったか?」と自分を問うと同時に、ためらう様子を見せて、彼女が大使館から離れた。このとき、母の同僚は私を見つけた。彼女はATMから100ドルの紙幣を取り出して、私がその紙幣の上にたった今の女の顔をプリントされたことを見た。道の向かい側の日本国大使館を覗いて、ここから出かけると、すぐに警察から逮捕され、両親に送ろうと、意識した。最後、目的を覚えられないし、誰でも助けられないので、家に戻った。だが、両親からずっと叱られることに耐えないので、再びイギリス大使館へ出発した。

イギリス大使館で、1階の「予約以外立入禁止」のお知らせを無視して、暗い2階に行った。何の役人がいった。「自由を見せてください」といって、彼と連れられて、ろうそくでヨーロッパ風の画廊を過ごして、真っ黒な室に入った。当時、1階の扉を二度と暴力で開いた。「私たちは少し前のやつの両親だ」と呼び、2階に上りたがった。そんな声を聞こえた私は役人に「自由を奪う恐れがあるからこそ、ぜひ上られなくしてください」と請求したあと、「お前は安全だ」と返事された。このとき、スマホがなり続けた。母は「2階を警備員のブロックのため、上げられないけど、願いが一つある」と要求した。母の見地を翻訳して役員によく伝えた。役員は聞いて頭を振った。通話は「現実を受けなさい、もしくはここまで」で終わられた。

それから、保護を受けて、イギリス大使館の中での中学校を通って始めて、新たな身分で新しい生活も展開した。

(この物語は全て夢で体験したことで、架空であり、現実と何の関係がありません。)

あとがき

この物語で描かれた主人公で発生したことは、「大使館」が「友達」などを替えて、中国の現実で毎日発生しています。中国の一部LGBTQIA人は両親によって違法な「訓練学校」で毎日つらい体力的な訓練を受けて、「人類の進化から自然の男女関係を消えるごとく違い思いを正しくなる」を目指しました。逃げて両親・警察から発見すれば再びもっと厳しい「訓練学校」に送る可能性も高いです。そんな中国のLGBTQIA人は、普通な学校を中退し、生存・HRTのため、数アルバイトを同時に行って、毎日不安・悲惨で過ごしています。日本語は上手ではなくても、この夢が真実すぎだと思って書いて記録しました。日本語のミスをご指摘の程お願いいたします。誰かを助ければうれしくて幸い限りです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*