なぜ「高考がおかお」は中国人の人生に一番大切な試験になられるんですか。

論語ろんご』に「学びて優なれば則ち仕う。」(中国語:「学而优则仕。」)というから、ほとんど中国人は学習が給料や生活品質を上がるの単に方法と思います。学習の目標は多分良い大学を入って高給料の仕事をします。中国の人口はおよそ14億で多くから、高等教育リソース(大学)は少ないそうです。これから、「高考」(中国のセンター試験を「高考がおかお」と呼びます。)の競争は辛いし苦しいです。

どうやって中国の高校生たちは高考を準備しますか。

高校三年生になる時から大学一年生にまで、すべて学生は一生懸命に過ぎ二年間の知識を復習します。一部「高考」を避けた人も二年間で失ったものを勉強します。この間に、部活を参加しず、恋愛やインターネットは禁止です。全部時間は学習に投入されます。

だって、これら「高考」を一部避けた人は何をしましたか。

二つの仕組みがあります:「自主招生」と「総合評価招生」。

自主招生

これは「独自に学生募集する」ということです。数学・物理・化学・生物・情報オリンピックから全国メダルを得るのが必要です。国際科学類オリンピックからメダルを得る選手と予備選手は中国のトップ「清華大学」・「北京大学」を直接的に入れます。情報オリムピックの公式サイトより2018年の選手数はおよそ12.5万です。しかし、全国メダルを得られる人は数百人だけです。それは中国人の選手は常々科学類オリムピックで世界中の一位のわけそうです。そのうちに、金メダルのは一本大学の足切りラインでトップ大学へ入れて、銀メダルのはおよそ60点を下げって入って、銅メダルのはおよそ20点を下げって入れます。

総合評価招生

「自主招生」の条件は厳しい過ぎから、残す「高考」を避けたい学生はこのオプションを選択します。これは自分の学校で本年の最優秀的な学生たちの一人になって、「会考」(高校卒業証書を得る試験)で全部優秀をもらうのは必要です。成功しれば20点~60点を下げってトップ大学を入れます。

以上の仕方は高考でおよそ満点を得るより易しいのに、大変です。中米国際学校の学生ですから、「高考」を参加しず、本当に幸いと感じます。