TURXの自己紹介

 私は中米国際学校の高校二年生です。情報学(コンピューターサイエンス)、言語学(例えば、日本語と英語)に興味があって、今一生懸命にこれらを勉強しています。

 中米国際学校は普通の高校とは違います。それ違いは主にアメリカ人の教師によって英語の授業をしていることの英語授業です。英語力はヨーロッパのCEFR認定のC1(準高級)のレベルぐらいだったら、英語の授業が分かります。学校には、クラブ活動はたくさんあります。私は情報技術クラブのリーダーで、クラブ活動クラスで情報学の授業・プロジェクトを作ることをします。

 情報学は小3から勉強を続いています。プログラミング言語を使いやすいですから、いろいろなプログラムプロジェクトを作りました。アルゴリズムコンテストにも積極的に参加しています。平成29年から毎年中国の情報学オリムピック予選に参加し、二等賞は1回、三等賞は2回得られました。

 日本語や英語を学習する目的は主に外国人と交流し・異なる視角を発見し・もっと幅広い文章を読めることです。授業の負担は重い、この3つ目的にただ2つだけ楽しめますが、あまり余裕がありませんから、厚い本が読むことがてきません。

 以上は私の自己紹介です。

AP® Japanese Language and Culture 作文

AP13

問題

Compare and contrast: typing in Japanese and handwriting in Japanese

共通点と相違点を示せよ:入力した日本語と手書きした日本語

語彙

あらゆる 入力(にゅうりょく)する 手書(てが)きする 発展(はってん) 文字(もじ) 記録(きろく)する 流行(はや)る 方法(ほうほう) 共通点(きょうつうてん) いくつか 通常(つうじょう) 場合(ばあい) 意味(いみ) 伝(つた)う 封筒(ふうとう) 概念(がいねん) 距離(きょり) 遠(とお)く ほとんど 繋(つな)ぐ  全然(ぜんぜん) 失(うしな)う 違(ちが)い いろいろ 区別(くべつ) 直筆(じきひつ) 証明(しょうめい)する 表(あらわ)す 急(いそ)ぐ 除(のぞ)く まとめる 上手(うま)い 自由(じゆう)に 表現(ひょうげん)する

類似点(るいじてん) 相違点(そういてん) 易(やさ)しい かかる 間違(まちが)う 消(け)しゴム 直(なお)す もう一度(いちど) ぺらぺら 同(おな)じ 結果(けっか) もらう 結論(けつろん)

文法・文型

一方 と共に という 例えば つまり など でも 元の しなければならない 反面 と比べると の方が より にくい たら 何でも 次第で それで

てみる ために しかし ぐらい(くらい) なぜなら だけ になる だから として も…も からだ

タイトル

入力した日本語と手書きした日本語の使い分け

例文

最初、あらゆる言語の文字は書いたものである一方、コンピューターの発展と共に、入力という文字を記録する方も急速に流行始まった。日本語にはこの二つ方法もある。

入力した日本語と手書きした日本語の共通点はいくつかある。例えば、どの方法で作ったものは日本語であり、通常の場合で意味をよく伝えることである。つまり、今の人は封筒・手紙などの概念との距離は遠くて、ほとんどの場合にメール・LINEのようなスマホアプリで他の人と繋いても、交流の元の意味は全然失わない。

その二つ方法の中の違いもいろいろある。一番目は、使い場合の区別である。例えば、サインの必要の場合に直筆をしなければならない反面、入力したサインは自分のことを証明できない。二番目は、入力した日本語と比べると、手書きした文字の方が自分のスタイル・気持ちを表せることである。例えば、急ぐときで書いた文字はより読みにくいとする。

私には、入力の方が速いと思って、サインの場合を除いて、入力の方も好きである。まとめると、日本語をうまくできたら、手書きと入力の中の何でも場合次第で自由に表現できる。それで、日本語の勉強をもっと頑張ろう。

Sample A

これから、日本語を手で書く事とタイプする事を比べてみます。両方が日本の授業のために、いるのに、類似点も相違点もあります。

まず、一つ目の相違点は日本語でタイプする事の方がやさしい事です。日本語のレポートをタイプしたら、手が痛くないです。しかし、手でレポートを書いたら、一時間の後で手が本当に痛くなります。

二つ目の相違点は、日本語でタイプする事の方が早い事です。このレポートを手で書いたら、四十五分ぐらいかかります。なぜなら、間違ったら、消しゴムで直して、もう一度書かなければなるからです。しかし、タイプしたら、二十分だけかかります。

一つの類似点は両方をしたら、日本語を上手になる事です。日本語の先生はいつも「皆さん、練習したら、ぺらぺらになりますよ。」と言われました。だから、日本語での書く事を練習したら、日本語を上手になります。そして、タイプする事と手で書く事は同じ結果をもらいます。

結論として、日本語でタイプする事も手で書く事も好きです。しかし、タイプする事の方が好きです。なぜなら、痛くないし、早いし、日本語を上手になられるからです。


ほかの年の問題は続く…

T G(フィクション)

ある売り場で、母と買い物をしていた。「何を買って欲しい?」母から問われた。何を答えたはまだ覚えられないので、戻ったから「性同一性障害」というコンセプトを既に会話に導入したことを知った。「なぜ正しい道を走り続かないだろう?」と問い詰められた。めちゃ驚いた。

売り場の多機能トイレに入って、外の女トイレを待っている人から皮肉な言葉を言われた。「私でも待っているよ。なぜ無障害の人が多機能トイレに入るの?」スマホカメラで写真を撮ってインターネットにコメントをつけて送信した。それらの人から逃げようと思って、アメリカ大使館に向かった。

アメリカ大使館で、金持ちのごとき中国人の女と会った。「自由をあげてください」と言って、彼女は「自由をもらうため、数多くの持ち物を諦めなければならないはずだ。」と答えて、意欲の強さを探していた。前の刺激から目的を一時的に忘れたので、「何でここに向かったか?」と自分を問うと同時に、ためらう様子を見せて、彼女が大使館から離れた。このとき、母の同僚は私を見つけた。彼女はATMから100ドルの紙幣を取り出して、私がその紙幣の上にたった今の女の顔をプリントされたことを見た。道の向かい側の日本国大使館を覗いて、ここから出かけると、すぐに警察から逮捕され、両親に送ろうと、意識した。最後、目的を覚えられないし、誰でも助けられないので、家に戻った。だが、両親からずっと叱られることに耐えないので、再びイギリス大使館へ出発した。

イギリス大使館で、1階の「予約以外立入禁止」のお知らせを無視して、暗い2階に行った。何の役人がいった。「自由を見せてください」といって、彼と連れられて、ろうそくでヨーロッパ風の画廊を過ごして、真っ黒な室に入った。当時、1階の扉を二度と暴力で開いた。「私たちは少し前のやつの両親だ」と呼び、2階に上りたがった。そんな声を聞こえた私は役人に「自由を奪う恐れがあるからこそ、ぜひ上られなくしてください」と請求したあと、「お前は安全だ」と返事された。このとき、スマホがなり続けた。母は「2階を警備員のブロックのため、上げられないけど、願いが一つある」と要求した。母の見地を翻訳して役員によく伝えた。役員は聞いて頭を振った。通話は「現実を受けなさい、もしくはここまで」で終わられた。

それから、保護を受けて、イギリス大使館の中での中学校を通って始めて、新たな身分で新しい生活も展開した。

(この物語は全て夢で体験したことで、架空であり、現実と何の関係がありません。)

あとがき

この物語で描かれた主人公で発生したことは、「大使館」が「友達」などを替えて、中国の現実で毎日発生しています。中国の一部LGBTQIA人は両親によって違法な「訓練学校」で毎日つらい体力的な訓練を受けて、「人類の進化から自然の男女関係を消えるごとく違い思いを正しくなる」を目指しました。逃げて両親・警察から発見すれば再びもっと厳しい「訓練学校」に送る可能性も高いです。そんな中国のLGBTQIA人は、普通な学校を中退し、生存・HRTのため、数アルバイトを同時に行って、毎日不安・悲惨で過ごしています。日本語は上手ではなくても、この夢が真実すぎだと思って書いて記録しました。日本語のミスをご指摘の程お願いいたします。誰かを助ければうれしくて幸い限りです。

ゴミのリサイクルの問題

リサイクルとは、捨てたものを再利用する方法のことである。この方法が考えられたのは、地球温暖化が酷くなるのに対する行動が不可欠だからである。

現在、さまざまなことが行われている。たとえば、ゴミは「資源ごみ」「粗大ごみ」「可燃ごみ」「不燃ごみ」「危険ごみ」に5類分けられて、資源ごみを回収するのようにちゃんと処理されることができる。資源ごみの一例は牛乳パックである。また、紙で作られたストローの使用は広がられている。今一部のスターバックスの店に紙のストローを提供されている。ほかにも、小学校でゴミのリサイクルの授業を設けられること・リサイクルについての法律を行われることなどの例がある。

これから私たちがしなければならないことは、真面目にゴミを処理するを重視して、生活でリサイクルを実行することである。たとえば、買い物のときのレジ袋がゴミ袋になって再利用できる。そうしなくて、環境が一層悪くになって、人類にとって不可欠な生息のスペースがどんどん無くなる見込みである。

普通な一日

6時半に起こす、新しい一日を始めた。急いで車に乗って、学校に通った。

7時15分ごろ、学校に着いた、モバイルパソコンをログインして、昨夜の宿題をした。夜に時々宿題をしなくて、その代わりにコンテストを準備するためにプログラミングを練習した。この間にいくつかの情報学に関るコンテストがあって、昨年で勉強したアルゴリズムをもう一度復習する必要がある。

8時から授業が始まった。一時限は地理だった。アメリカのAdvanced Placementというプロジェクトにあるこの地理科目は中国の教材とは違う。アメリカの地理科目は人文地理重点を置くことだ一方、中国の地理科目に政治・文化について多く語られている。二時限は数学の微積分だ。パラメトリック方程式は分かにくて、もう一度テキストブックを読む必要があると思った。こんな授業は17時まで続いていた。

17時半ごろにうちへ帰った。いえに着いて、単語を暗記した。毎日スマホのアプリで単語を勉強している。また、試験で優秀が得られるように、オンラインの塾で課外授業を受けた。その後、宿題の一部をして、ベットへ向かって、あしたを期待するの気持ちを持ちながら、寝た。

充実した一日を過ごして、勉強の実を結ぶルートでもっとステップアップしたと感じる。

保護中: プロファイル

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

利己

最近无论是在社会上,还是在身边,都发现了很多精致利己主义的影子。这也是现在社会的一个显著的特征。

利己者基本有两种:

  1. 走自己的路,别人也不知道自己做什么,自己也不知道别人在做什么。
  2. “踩在巨人的肩膀上”,别人的是我的,我的还是我的。

第一种利己者既没有侵犯利他者的原则,也没有过多去过问其他的事情。专注于自己所做的事情,这未必是不好的。无论从道德上讲从法律上讲,并无什么可批判之处。

维护这个项目到现在大概总共回复过几千个问题,开始慢慢想清楚了一件事,为什么会存在***。从这些提问可以看出,大部分人的自理能力都很差,只是等着别人帮他。特别是那些从 App Store 下载了 App 用着公共服务器的人,经常发来一封只有四个字的邮件:「不能用了?」我觉得这是一个社会常识,花一分钟写的问题,不能期待一个毫无交情的陌生人花一个小时耐心地问你版本和操作步骤,模拟出你的环境来帮你分析解决。Windows 版加上一个功能以来,我反复呼吁给这个功能提交规则,但是一个月过去了竟然一个提交都没有。如果没有人做一点什么,它自己是不会更新的啊,没有人会义务地帮你打理这些。最近另外的基于这个项目、违反协议的专有软件又开始流行,害人害己。

我觉得,权利,都是大部分人自己放弃的。假货坑爹,审核。孩子管不好,关网吧。有人在微博骂我,去删。房价太高,去限购。我们的文化实在太独特,创造出了家长式的威权,***正是在这种背景下产生的,一个社会矛盾的终极调和器,最终生活不能自理的你每天做的每一件事情都要给审查一遍,以免伤害到其他同样生活不能自理的人。这是一个零和游戏,越和这样的用户打交道,越对未来持悲观态度,觉得***可能永远也不会消失,而墙内的这个局域网看起来还似乎生机勃勃的自成一体,真是让人绝望。

那是自然的咯。这边加了什么功能,它马上扒过去合并了。它那边加了什么却不会贡献出来给其他人用,久而久之,不就是它那边功能更多了吗。

一直以来我什么都没说是因为我对他还有点希望,所以得给他一点面子不是。一开始我还只是纳闷他为什么不发 pull request,过了一段时间我才明白,这个世界上也有这一类的人。不尊重 GPL 就算了,把作者名字换成自己的,还在主页上加上官方的字样。为什么我们这边反而不说官方呢?因为我希望这个项目是没有官方的,人人都是贡献者。想不到这个社会人人都围着官转,人人都巴不得当官 。

既然他没有尊重别人劳动成果的意愿,那他那些不开源的理由想必也只是借口。说因为加了一些试验性功能会不兼容所以暂不开源。他弄了一个混淆 TCP 协议头功能,在界面上标注提升安全性,吸引用户打开,然后安装他自己的不兼容服务端。然而我分析了一下之后发现这个功能的设计就是想当然,用得多了以后反而会增加特征。如果你真有什么试验性功能,不是更应该开放出来让所有人帮你分析么,大家一起讨论么?在加密算法领域,只有经过足够多人和机构的审视的算法,才能视作是安全的,闭门造出来的怎么能用。。

当然啦,大部分用户才不会管这些,他们不会分析你是不是真的安全,也不会做道德判断,只要他们觉得好用就行。所以可以看到,这种环境下开源其实并没有什么优势,只不过为一些人抄袭提供了便利。这种环境下最后留下来的都是这些人。

我一直想象的那种大家一起来维护一个项目的景象始终没有出现,也没有出现的迹象。维护这个项目的过程中,遇到 @chenshaoju 这样主动分享的同学并不多。很多来汇报问题的人是以一种小白求大大解决问题,解决完就走人的方式来的,然而既不愿提供足够的信息,也不愿写一些自己尝试的过程供后人参考。互帮互助的气氛就是搞不起来。对比下国外的社区差好远。

最适合这个民族的其实是一群小白围着大大转,大大通过小白的夸奖获得自我满足,然后小白的吃喝拉撒都包给大大解决的模式。通过这个项目我感觉我已经彻底认识到这个民族的前面为什么会有一堵墙了。没有墙哪来的大大。所以到处都是什么附件回帖可见,等级多少用户组可见,一个论坛一个大大供小白跪舔,不需要上层造墙,网民也会自发造墙。这连做个软件都要造墙,真是令人叹为观止。这是一个造了几千年墙的保守的农耕民族,缺乏对别人的基本尊重,不愿意分享,喜欢遮遮掩掩,喜欢小圈子抱团,大概这些传统是改不掉了吧。

现在维护这些项目已经越来越让我感到无趣。我还是努力工作,好好养家吧。

著名开源项目作者 clowwindy (节选并有删改)

这篇文章可能论述有些偏激,但也指出了第二种利己者的特点——总是想着别人会贡献,而自己做好自己的,拿好别人的经验,自己便能成功。而别人是否成功、别人是否受害、道德法律上来讲是否有争议之处,则基本上没有考虑。大部分社会中的人,都有此类倾向。三字经中有讲“人之初,性本善。”我相信,很多人在一开始并不是这样的。根据社会建构论,可以认为这种情况的发生和社会中的人之间的互相影响有着不可分割的关系。

“我们的一些大学,包括北京大学,正在培养一些‘精致的利己主义者’,他们高智商,世俗,老到,善于表演,懂得配合,更善于利用体制达到自己的目的。这种人一旦掌握权力,比一般的贪官污吏危害更大。”

北京大学中文系 钱理群

这句话讲了一个社会影响利己观形成的一个例子。而此处我想要表达的不是对社会的不满,是一个警示。

在一个集体中,第二种利己者能做出的负面影响是可怕的。

  1. 第二种利己者可能会侵犯到利他者的原则。人不可能永远利他,被侵犯的权益多了,利他者也会逐渐学会“圆滑地为人处事”——成为利己者。(传染性)
  2. 利己者获得了自己的既得利益,感到了快乐和满足,是很难重新转变到利他者的。(顽固性)
  3. 利己者基本是为了利益去做事,而非自己真的想做、热爱做这件事。(利己性)

集体利益与个人利益是相互依存的。只有维护集体利益,个人利益才有保障。保障个人利益是集体的责任,而集体利益是集体中每个成员努力的结果。因此,集体应充分尊重和保护个人利益,个人更应该积极关心和维护集体利益。

团结的集体才有凝聚力和战斗力。

人民教育出版社 《九年级思想品德全一册》 第一单元 第二课 第一节 (节选)

无论是社会还是学校或是社团,它们的正常运作都离不开利他者——务实的人、不揽功的人、真正为属下着想的人。获得了好处,利他者可以均衡每个人的贡献,按劳分配,公平地维护集体的利益——集体中每个人的利益。如果利己者占了多数,则集体利益不被保障,个人利益也不被保障,利己者便会传染,最终毁了整个社区。

开展过社团活动,便知道了在社团中如何做平衡。社团的意义,无非是大家聚在一起,做同一件事,追相似的梦。这件事无论结果好坏,不能算在社长头上,也不能算在某个社员头上。如果有利他者的领导,这件事的结果便会由整个集体来承担。有福同享,有难同当。此外,没做事的人不需要承担结果,也不需要在集体中继续待下去。

新学期开始了,新一届高年级的学生代表在台上讲出了我有和一些人提到的“不要为了活动而活动。”一字未改。她也是一名有爱心、有潜力的社团的社长。无数和社团有关的准留学生,就是不能很好地理解这句话的意思。一个利益熏心的活动,一个利益熏心的社团,又如何能做大、做好?

做社团,不是说就不能有用这个来申请好大学、用这个来积累荣誉这种思想,是说这些思想绝不能占据做这个社团的主要原因之一。管理社团,需要真正能管好社团的人,真正将自身和社团连为一体的人,真正为社员着想的人。

暑假一些人来找我,想要直接拿到社团中的高位,也不乏有已经在社团中中等偏上位置的和有“贡献”的人。我不是没有考虑,我也不是说就要拒绝。而是我希望能通过观察,能发现他们对这个领域、这个学科的热爱和专注,能发现他们利他的本质。所以我需要更多的时间进行社务的决定。

如果你喜欢信息学奥林匹克,享受算法之美,别管这些破事,继续干。如果你只是因为想要自主招生有优惠,这事没底,前途未卜,自己权衡。

上海交通大学/香港中文大学/洛谷科技 联合创始人/首席运营官 汪楚奇(kkksc03)
背景:全国信息学奥林匹克联赛(NOIP)被暂停,新的非专业软件能力认证(CSP)含金量疑下降

什么是对领域、对学科的热爱和专注?在市重点省重点的高考班中,总是有一个特别的“竞赛班”。即便是只有千分之一的自主招生成功率,也宁愿牺牲学习高考课程的宝贵时间,献身于自己热爱的学科。与此同时,在成功率如此低的情况下,也会尽量去帮助他人在竞赛中获得满意的结果。雅礼中学集训、中山纪念中学集训,就是为了能更好地让全国的顶尖的、不同年级的、不同学校的竞赛生能相互交流经验。如果竞赛生都是闭门造车、拒绝分享,中国绝不可能在世界学科奥林匹克竞赛的台上拿到如此璀璨的成绩。

以上为本人愚见。如有讲得不当之处,敬请指出。如有冒犯之处,希望能原谅。本文就以一个利己和利他的经典例子——微软和Linux、闭源和开源之争来作结。

1985 年 6 月 25 日。盖茨给当时的苹果 CEO John Scully 发了一份备忘录。那是一个迷失的年代。乔布斯刚刚被逐出公司,直到 1996 年才回到苹果。也许正是因为乔布斯离开了,盖茨才敢写这份东西。在备忘录中,他鼓励苹果授权制造商分发他们的操作系统。我想读一下备忘录的最后部分,让你们知道这份备忘录是多么的有洞察力。盖茨写道:“如果没有其他个人电脑制造商的支持,苹果现在不可能让他们的创新技术成为标准。苹果必须开放麦金塔的架构,以获得快速发展和建立标准所需的支持。”换句话说,你们不要再自己玩自己的了。你们必须有与他人合作的意愿。你们必须与开发者合作。

多年后你依然可以看到这条哲学思想,当微软首席执行官史蒂夫·鲍尔默上台做主题演讲时,他开始大喊:“开发者,开发者,开发者,开发者,开发者,开发者,开发者,开发者,开发者。”你懂我的意思了吧。微软喜欢开发人员。虽然目前(LCTT 译注:本播客发布于 2018 年初)他们不打算与这些开发人员共享源代码,但是他们确实想建立起整个合作伙伴生态系统。而当比尔·盖茨建议苹果公司也这么做时,如你可能已经猜到的,这个想法就被苹果公司抛到了九霄云外。他们的关系产生了间隙,五个月后,微软发布了 Windows 1.0。战争开始了。

(略)

然而,考虑到到林纳斯的 DIY 项目(Linux)一开始是多么的简陋和随意,这项成就令人十分惊讶。他完全不知道自己就是这一切中的卢克·天行者。当时他只有 21 岁,一半的时间都在编程。但是当魔盒第一次被打开,人们开始给他反馈。几十个,然后几百个,成千上万的贡献者。有了这样的众包基础,Linux 很快就开始成长。真的成长得很快。甚至最终引起了微软的注意。他们的首席执行官史蒂夫·鲍尔默将 Linux 称为是“一种癌症,从知识产权得角度来看,它传染了接触到得任何东西 ”。Steven Levy 将会描述 Ballmer 的由来。

一旦微软真正巩固了它的垄断地位,而且它也确实被联邦法院判定为垄断,他们将会对任何可能对其构成威胁的事情做出强烈反应。因此,既然他们对软件收费,很自然得,他们将自由软件得出现看成是一种癌症。他们试图提出一个知识产权理论,来解释为什么这对消费者不利。

Linux 在不断传播,微软也开始担心起来。到了 2006 年,Linux 成为仅次于 Windows 的第二大常用操作系统,全球约有 5000 名开发人员在使用它。5000 名开发者。还记得比尔·盖茨给苹果公司的备忘录吗?在那份备忘录中,他向苹果公司的员工们论述了与他人合作的重要性。事实证明,开源将把伙伴关系的概念提升到一个全新的水平,这是比尔·盖茨从未预见到的。

我们一直在谈论操作系统之间的大战,但是到目前为止,并没有怎么提到无名英雄和开发者们。在下次的代码英雄中,情况就不同了。第二集讲的是操作系统大战的第二部分,是关于 Linux 崛起的。业界醒悟过来,认识到了开发人员的重要性。这些开源反叛者变得越来越强大,战场从桌面转移到了服务器领域(Linux目前是服务器第一大系统)。

Red Hat(红帽公司,最大的Linux公司) 代码英雄(Command Line Heroes) 第一季(1):操作系统战争(上) 译者为Linux中国翻译组的DarkSun (有删改)

中国に「高考」を一部避けるの仕方

なぜ「高考がおかお」は中国人の人生に一番大切な試験になられるんですか。

論語ろんご』に「学びて優なれば則ち仕う。」(中国語:「学而优则仕。」)というから、ほとんど中国人は学習が給料や生活品質を上がるの単に方法と思います。学習の目標は多分良い大学を入って高給料の仕事をします。中国の人口はおよそ14億で多くから、高等教育リソース(大学)は少ないそうです。これから、「高考」(中国のセンター試験を「高考がおかお」と呼びます。)の競争は辛いし苦しいです。

どうやって中国の高校生たちは高考を準備しますか。

高校三年生になる時から大学一年生にまで、すべて学生は一生懸命に過ぎ二年間の知識を復習します。一部「高考」を避けた人も二年間で失ったものを勉強します。この間に、部活を参加しず、恋愛やインターネットは禁止です。全部時間は学習に投入されます。

だって、これら「高考」を一部避けた人は何をしましたか。

二つの仕組みがあります:「自主招生」と「総合評価招生」。

自主招生

これは「独自に学生募集する」ということです。数学・物理・化学・生物・情報オリンピックから全国メダルを得るのが必要です。国際科学類オリンピックからメダルを得る選手と予備選手は中国のトップ「清華大学」・「北京大学」を直接的に入れます。情報オリムピックの公式サイトより2018年の選手数はおよそ12.5万です。しかし、全国メダルを得られる人は数百人だけです。それは中国人の選手は常々科学類オリムピックで世界中の一位のわけそうです。そのうちに、金メダルのは一本大学の足切りラインでトップ大学へ入れて、銀メダルのはおよそ60点を下げって入って、銅メダルのはおよそ20点を下げって入れます。

総合評価招生

「自主招生」の条件は厳しい過ぎから、残す「高考」を避けたい学生はこのオプションを選択します。これは自分の学校で本年の最優秀的な学生たちの一人になって、「会考」(高校卒業証書を得る試験)で全部優秀をもらうのは必要です。成功しれば20点~60点を下げってトップ大学を入れます。

以上の仕方は高考でおよそ満点を得るより易しいのに、大変です。中米国際学校の学生ですから、「高考」を参加しず、本当に幸いと感じます。

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。